『総額』と損切りに対する運用者の考え方

多くの個人投資家がなぜ損切りができないかというと、
買って下がっている株式が上がる気がする、
もしくは上がってほしいと思うからです。

自分は「これが買いたい」と思う時に、
早く処分をして態勢を整えるようにします。

だから、早く対応できるように、
他の株式を売って資金を作ろうと思います。

視線を現有から他へ持って行き、
それを買うための換金と思うとやり直すことができたり、
効率よく回収できたりします。
たとえ、それが失敗でも追証回避はできたりします。

大事なのは資金を『総額』で考えることです。

株式市場が上がっても、自分が持っていない株式や、
持っていても買値から遠いところで上がっていくことがあります。

そういう時、持っている株式を「損出しのクロス」をして、
口座を綺麗(ポジションの整理)にして新しい株式を見に行くようにします。

運用者はそうした考え方を主とします。

気分転換です。負の状況で推移したら乗れないですし、
他が見れなくなるから新しい流れに遅れてしまいます。

個人投資家はそのままでも良いと思うのですが、
心理的に揺れる相場では気持ちの切り替えが、
その後の明暗を分けます。

源太の運用のポイントは『総額』と「損切クロス」による資金管理である。

『総額』でポジションを管理すれば、損切りはできるようになる。

「口座全体や持ち玉がどのような状態か」を常に把握しておくことである。