タイミングでポジションを強弱させる

我々は資金のトータルでは損をしません。
「タイミングでポジションを強弱させる投資」で市場で生き残っています。
スイングトレードなら、「次の波」期待で売らずに我慢して資産を作ります。

それは、「損し難い」投資という事です。
資金が増える時間に合わせて動く、買わざるを得ない時に合わせて狙いを絞るという事。

個人投資家の多くはその我慢ができなかったり、
薄利でも損しないようにしようとします。

デイトレもしますが、「売っておけば良かった」と
思った時が売り頃だと話しています。

高値で売ることがすごいように思われますが、
そんなギャンブルのような投資をしてどうするのか。

個別銘柄がそこそこ上がっても水準が低いと、
保有株の中で上がった物を利食いするのが個人投資家です。

手持ちで一番強い株式を売ることから始めてしまうので、
実際は投資家が一番まずいことをしているんです。

上がっている物はほっといて、動きの悪い物をどうするか?
なんです。「売れない、上がる」と思うならば、
上がっている物はもっと上値に行くべきですよね。

損している手持ちが上がるには、何が要るか?を考えることです。

市場で生き残るために、「タイミングでポジションを強弱させる投資」が源太流である。

資金が増える時間に合わせて動く、買わざるを得ない時に合わせて狙いを絞る 。

一番強い株式を売るのではなく、動きの悪い株式をどうするかを考える。