逆張りと資産形成

投資家には順張り派と逆張り派が存在します。

自分は相当な逆張り派です。
下がるから買えないじゃなく、下がるから買います。

そういう姿勢で自分は見ます。
それは考え方や元々の性格もあると思いますが、
地合いから悲壮感ある下げた株を拾うようにします。

今動く株式に乗る人たちは、
「止まったら売り」という徹底した売り買いをします。
その投げられるのを狙うのと動く方を買うのは、
投資行動しては紙一重なんです。

ただ、順張りは売って小掬い、買って早売りと資産化が少ないです。
「逆張りは資産形成しやすい」というのがあります。
株式の「下げ過ぎ」「売り過ぎ」を貯めて行くのが投資の王道です。

そして、バブルは運用上の安全策を取るから「逆張り」が基本で、
その逆張りは下がった物をと考えるのもあれば、今動く物の逆、
逆テーマの強い物への順張りなどテクニックとしては様々あります。

株式の「下げ過ぎ」「売り過ぎ」を貯めて行くのが投資の王道 である。

地合いから下げすぎた株を逆張りで買うことは資産形成しやすい。